img

マンション投資を考慮してはいかがですか

マンション投資を考慮してはいかがですか。長期間長引いている経済の低迷で、勤め先からのサラリーがいつ無くなるかも分からないし、まして賞与が増えるなどあまり想像できませんね。公的年金もあてにならない高齢化社会になっていますので、マンション投資を活用して将来の資金源になさるのはいかがでしょうか。投資をした不動産からは毎月キャッシュ・フローが期待できますし、万一の場合は売却することができます。金銭的な余裕を持つために投資について早期の検討をしてみましょう。

イメージ画像

最近、不動産投資で海外の不動産も投資対象とする人が増加しています。そのメリットとしては、国内の不動産投資でもよく言われる節税の効果や、円高経済のタイミングで資産を購入して、先々円安になった時の為替差益などが期待できます。中には、急成長中の新興国で現地の不動産を取得しておき、いずれ不動産が高騰することを期待している人もよく見受けられるのです。いずれの場合も、日本とは商習慣や税制などが大きく違いますから、あらかじめ現地の調査を入念にしてから海外物件の投資をしなければなりませんね。不動産投資で先々の生活のリスクヘッジをしておきましょう。

長期間の経済の不況で、サラリーマンの給料や退職金だけでは定年後に不安があるという声をよく目にします。定年後に働くのは健康面で厳しいかもしれませんが、不動産投資からは原則的に肉体労働なしに所得が得られるのが一般的です。しかも、最近の経済金融情勢はデフレ傾向にあるので、今なら不動産物件の取得もしやすいのです。早く不動産取得しておくと、いずれインフレに振れた場合にも不動産価値の上昇が期待できることもメリットです。不動産投資で人気の物件とはどういった投資不動産があるでしょうか。

高利回りの不動産、一棟物の物件、学校や交番の近くなど立地が良好な物件、築後間もない物件が主要な人気物件でしょう。しかも、それらの条件に加えて、都内や都市部にある物件がとりわけ人気が集中していると言えます。それは、経年劣化でハード面が消耗しても土地そのものは価格が変わりにくく、また、住人数も常に多いからです。つまり、建物の価値の変動の可能性や入居者がいないリスクを軽減できるわけです。

更新履歴

2014.01.04
»サイトをアップしました。
2014.01.15
»ページを追加しました。